治験の豆知識

2012/11/24

採血の針が選べる

    採血の針が選べる                                    

 

治験に参加すると、何度も採血をします。採血が20回を超える治験もあり、参加者によっては肉体的、精神的な負担になります。その負担を少しでも減らすために、通常の針でなく留置針を選べる治験もあります。事前健診の際に、確認して下さい。         

※留置針とは金属製の注射針に、テフロン、ポリウレタンの柔らかい筒を付けた針を言います。この針を使うと、採血のたびに針を刺したり抜いたりする必要がなくなります。
一覧へ戻る